多岐にわたって恩恵があるという株主優待券とは〔themarketer〕

もっているとお得なことが沢山ある株主優待券!そんなお得な情報を紹介しています。 - 図書券と図書カード

図書券と図書カード

商品券の中でも、特になじみ深く誰でも一度くらいは手にしたことがあるものと言えば図書券ではないでしょうか。
商品券の中でも、特に古く尚且つ親しみ深い物で学生の頃なんかに何らかのイベントに参加したりしたら貰えた、なんてこともある人もいるのではないかと思います。
実際、今も子供の誕生日プレゼントや学校のイベントなんかでも贈り物や商品として図書券や図書カードを贈る、ということはしているみたいですしね。
図書券と図書カードの違いは、図書券は基本的に1回使い切りで釣銭が発生しませんので額面より安い買い物をするとその分余剰分がマイナスになってしまうので気をつけなくてはいけません。
しかし、図書カードだとテレホンカードのように残額もちゃんとカードに残るので、なくなるまで繰り返し使うこともできますし、何より額面より安い買い物をしてもちゃんと残るというのがいいんですよね。
勿論、残額が少なくなってしまった場合も現金と併用して買い物をすることができますので額面以上の買い物をする場合にも不自由することはありません。
書店でならば、本以外にも文房具やCDなんかを購入する時も使うことができたりしますので有効に使用するといいでしょうね。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »